トップページ → ちょっとした豆知識 → サングラスについて

 

【紫外線が影響している目の病気や眼鏡の快適情報局、サングラスの豆知識など日常にかかわる雑学を掲載していきます】

青色光による目の疲れ

最近、スマートフォンやタブレットを持つ人が増えましたね。
通勤電車やカフェなどでも、たくさんの人が小さな画面を見つめて操作をしている風景が見慣れたものになりました。

いつでもどこでも情報のやり取りができるようになり、便利になった反面、日中はパソコン作業、
移動中や自宅ではスマートフォンに、以前よりも長時間目を使うようになった人も多いのではないかと思います。

そんな風に目を酷使する現代人の生活に、深い関わりのあるのが「青色光(ブルーライト)」です。言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
今回は「青色光」やその影響などについて紹介したいと思います。

■1.青色光ってどんなもの?

 パソコンやスマートフォン、薄型テレビ、タブレットなどのデジタルディスプレイは、青色光と呼ばれる光を多く発しています。

 青色光とは、
 可視光線(波長域:380nm~780nm)の中で波長の短い領域(380nm~500nm)の光のことで、
 太陽光にも含まれ、日常的に目に入ってくるものです。

イメージ青色光はエネルギーが強く、水晶体内等で散乱しやすい性質があるためまぶしさやちらつきを感じる原因となります。

また、強いエネルギーの光を見るために目の筋肉が緊張することから、目の疲れや肩・首の凝りなど、
目や身体に負担をかけるといわれています。

青色光の影響についての研究はまだ途中段階のようですが、
その他にも睡眠障害や肥満などを引き起こす原因になっていると考える説もあるようです。

本来眠るはずの夜の時間帯に青色光の強い光を浴びることで体内時計のリズムが崩れ、
体に様々な不調をもたらすというのです。

実際に、寝る直前までスマートフォンなどの画面を見つめていて、すぐに寝付けなくなってしまうという
経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近普及が著しいLEDは、冒頭に挙げたパソコンやテレビなどのディスプレイ類に多く採用されていることから、
私たちの日常的な暮らしの中で浴びる青色光の量は昔よりも確実に増えたということになります。

今までの暮らしの中ではありえなかった量を日常的に浴びる環境にいるのですから、
その影響に注目が集まるのも無理はないといえそうです。

■2.青色光の影響を軽減する対策法は?

 いくら青色光の影響が気になるとはいっても、毎日の生活の中で、青色光を発する機器を使わないようにすることは難しいですよね。

でも、色々な対策をとることで、影響を軽減させることはできます。
ここでは、そのうちいくつかを紹介しましょう。

(1)長時間続けて作業をしすぎない

長時間作業を続けると、それだけ作業を行う人の心身に負荷がかかります。

連続して作業をしすぎず、適度な休憩をいれましょう。パソコン作業がメインのお仕事の方も、合間に別の作業を組み込むなど、
ずっと画面を見続ける状態をできるだけ避けるようにしましょう。

厚生労働省のVDT(ディスプレイ機器)作業ガイドラインでも、連続の作業時間を1時間を超えないようにすることや、
作業の間に10分~15分程度の休憩を取ることが推奨されています。

(2)ディスプレイの色を調整する

パソコン等のディスプレイの設定を調整し、青の明るさを下げることでも青色光による影響を下げることができます。

設定を変更すると、当然ディスプレイの色味は変わってきてしまいますが、しばらく使っていると慣れてくるようです。
スマートフォンやタブレット向けには、青色光をカットするためのアプリもたくさんあるようですので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

(3)青色光カットのメガネやフィルターを利用する
イメージ 青色光は対策用のメガネや、ディスプレイにつけるフィルターを使用することでも軽減することができます。
最近は、街のメガネ屋さんでも、青色光対策のメガネをよくおすすめしているようです。

 

気になる人、もう少し具体的にどうしたらいいの?

ご安心ください。

当店ではこの様な悩みをお持ちの方が最近増加しています。

私店主が親切丁寧にご説明いたしますので、決して売り込みは致しませんので、

お気軽にご相談ください。

紫外線と目について①
 
★紫外線と目★

紫外線による肌の日焼けを気にしている人は多く、日焼け止めを塗ったり、日傘をさす人は増えていますが、紫外線による目への影響を気にしている人は少ないですよね。
オフィス街では、ビルや路面での反射によって、目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びている恐れのあるという結果も出ており、紫外線対策が必要になっています。

◆紫外線とは
  • 紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光をさします。
  • 紫外線はUVA波、UVB波、UVC波の3種類に分けられます。
【UVA波(波長320~400nmの紫外線) 】
  • 表皮の奥にある真皮まで到達します。
  • コラーゲンやエラスチン線維を破壊、活性酸素を発生させ遺伝子を傷つけたり、皮膚免疫力を低下させます。
  • シミやシワ、ソバカス、たるみといった肌の老化原因となります。
  • ガラス、カーテンや衣服すら通り抜ける為、知らず知らずのうちにダメージを受けているので気がつくのが後れがちになります。
  • シミやシワとして肌表面に影響が現れるのはずっと後になります。
  • UVA波は雲も通り抜けるため、天気が悪いからといって日焼け止めを怠ったりすれば曇り方に依っては雲に太陽光が乱反射され、直射光よりも多く紫外線を浴びてしまうことにもなり、後々シミやシワとなって現れてくるのです。
  • UVA波を防ぐにはPAの高い日焼け止めを利用する必要があります。
【UVB波(波長280~320nmの紫外線) 】
  • 皮膚の奥にある表皮まで到達します。 表皮のDNAや細胞膜を破壊し、表皮に炎症や火傷といった皮膚のトラブルを引きおこします。
  • UVAのように緩やかに日焼けする紫外線とは異なり、非常に強力で、短い時間でダメージを与える紫外線です。 
  • 場合によっては傷ついた細胞が皮膚ガンに発展することもあるので注意が必要である。
  • UVB波を防ぐにはSPFの高い日焼け止めを利用する必要があります。
【UVC波(波長200~280nmの紫外線)】
  • UVB波よりも強力な紫外線。通常、オゾン層で吸収されるため地表には届かないのだが、近年のフロンガス等によるオゾン層破壊によっては影響が出てくる可能性もある。
【紫外線が多い季節】
  • 紫外線が多い季節といえば、「夏」というイメージがありますが、実は紫外線が一番多い季節は5月から6月にかけてなのです。
【紫外線の多い時間帯】
  • 紫外線が特に多い時間帯は午前10時から午後2時となっているようです。
  • この時間帯を避けて外出することで、紫外線対策にもなります。
【一日に浴びる紫外線の量】
  • 子供の送り迎えや洗濯物の出し入れ、買い物、ガーデニングなど、1回に出かけている時間が短くても、トータルすれば、十分に日焼けを起こしてしまう量の紫外線を浴びている場合が多いのです。
  • 時間が短い場合でも、常に日焼け対策を行う習慣をつけておくことが必要となります。

 

紫外線と目について②
◆紫外線が影響している目の病気

1.翼状片(よくじょうへん)

  • 翼状片は、白目の組織の細胞が異常に増殖して黒目に食い込んでしまって起こる目の病気です。
  • 白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、その防御反応や修復の過程で起こると考えられています。
  • 初期症状では充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労などがあらわれます。
  • 瞳孔の近くまで白目が侵入すると視力障害が起こる場合もあります。
  • また、耳側から差し込む紫外線は鼻側に集まりやすいため、目の鼻側から発症するのが特徴です。

2.白内障

  • 白内障は水晶体のたんぱく質が変性し、次第ににごってくる目の病気ですが、そのにごりの原因に紫外線が影響していると考えられています。

3.瞼裂斑(けんれつはん)

  • たんぱく質が変性し、白目の一部が変色・盛り上がる目の病気。
  • たんぱく質が変性してできた白目のシミのようなもの。肉眼では良く見えない。
  • 瞼裂斑が大きくなって盛り上がってくると、充血・ドライアイなどの症状が出るそうです。

 

紫外線と目について③
◆目を守る紫外線予防・対策

●サングラスやUV(紫外線)カットのコンタクトレンズ。

  • 仕事をしていてサングラスは不適切と考えている人もいるかもしれません。しかし、オフィス街ではビルや路面の反射で、方向や時間帯に関係なく紫外線を浴びているようです。
  • 自分の目を紫外線による目の病気から守るためにも、ぜひサングラスを利用しましょう。
  • サングラスは薄い色のサングラスがよい。
  • 濃い色のサングラスの場合、瞳孔が開き、紫外線を受けやすい。
  • 薄い色のサングラスの場合、瞳孔が開かず、紫外線が入って来ても、目の奥まで届きにくい。
  • サングラスは大きい方が効果的です。
  • つばのある帽子も紫外線対策によい。

●ビタミンCを摂る。

  • 厚生労働省によると、ビタミンCを多く摂ると白内障が40%減少したという結果が出ているそうです。
  • ビタミンCを多く含む食品の例としては、イチゴ・レモン・赤ピーマン・ブロッコリーなど。

※  目を守るためにも紫外線対策を行ない、少しでも目に違和感を感じた場合、眼科医に相談することをお奨めします。

サングラスについて①
どんな種類があるの?

◆偏光サングラス◆

  • 水面や雪面からのギラギラとしたまぶしい反射光を、偏光膜によりカットする偏光レンズを搭載のサングラスです。
  • 陰影の変化が多い渓流や、海辺のギラつく水面でも魚の僅かなアタリを見逃さない、釣り人の必需品偏光フイッシングサングラスや、雪面・路面上の凹凸が見やすく常に狙いをクリアにしてくれます。
    • スキー・スノーボードなどのウインタースポーツ
    • ゴルフやサイクリングなど幅広いアウトドアスポーツで活躍する偏光スポーツサングラスなど多彩なモデルが出ています。
  • 目に優しくくっきりと見えますので長時間の使用でも目が疲れにくいのが特徴。
  • 見分け方ですが、偏光レンズ同士を重ねあわせてください。
  • 同じ向きだと、レンズに変化は現れませんが、90度に直交するよう重ねると、スリット同士が交差し光を通さなくなるため、真っ黒になります。
  • カメラでよく用いられる偏光フィルターも同じ仕組みです。

◆調光サングラス◆

  • 紫外線によりレンズに練りこんであり、調光素材が化学反応を起こしてレンズ自体の色が変化すると言うものです。
  • わかりやすく言うと、室内では色の薄いサングラス、光の下では色の濃いサングラスへと変化します。
  • サングラスとメガネが一緒になったものとお考え頂くと分かりやすいと思います。
  • 屋外に出たときは着色し、室内に入ると徐々にレンズカラーが薄くなるレンズですのでこれ1本でほとんどの状況に対応できるレンズです。
  • 夜間にはほとんど色が抜けるため、夜間運転、走行にもお使いいただけます。

◆スポーツサングラス◆

  • 激しいスポーツシーンでもしなやかにフィットする設計と、風や埃 まぶしい光からアスリートの視界を守る高精度レンズを持つサングラスです。
  • 重さや材質、形状にもこだわり、長時間の使用でも疲労しにくい快適な装着感。
  • 耐衝撃性に優れたポリカーボネイトレンズを使用。
  • 紫外線UVカットはもちろん、強い日差しから目を守りクリアな視界を得られることは、アスリートに精神面でも強い味方になってくれます。

◆花粉症用サングラス◆

  • 花粉症の原因と言われる杉花粉や粉じん、ハウスダストから目を守るサングラスです。

◆オーバーグラス◆

  • メガネを掛けた上に着用する事が出来るサングラスです。
  • 釣り、ウォーキング、自転車、アウトドアなど、色々なシーンで活躍します。
  • 今の度付のメガネの上から、簡単にかけられるので大変便利です。
サングラスについて②
サングラスの選び方

ポイント1:紫外線透過率の表示のあるものを選びましょう

  • サングラスは、強い光から目を守るためのものですが、色が濃いからといって紫外線をカットしてくれるわけではありません。
  • 色が濃いと瞳孔が開き、目の中に多くの紫外線が入ってしまいます。
  • レンズの色の濃さではなく、紫外線吸収剤を含んでいるかどうかのチェックが必要です。
  • 透明なレンズでも紫外線カット能力のあるものであれば、紫外線を防ぐことができます。
  • 0.1以下など、透過率の値が低いものほど紫外線カット率が高いです。
  • 目にとって、UV-Aという太陽光に含まれる光成分(太陽紫外線)のひとつをいかにカットするかが大切です。

ポイント2:レンズの色の選択(参考にして下さい!)

  • 【ブラウン系】
    青色の光をカットしてコントラストを強める効果があるため、視界を細部まで鮮明にします。ゴルフやウィンタースポーツなどに適し、見た目も日本人の肌色にマッチすると言われています。緊張を沈め、落ち着いた印象に見せたい方におすすめ。
  • 【グレー系】
    光を均一に吸収するので、自然色で物が見えます。眩しさから目を保護してくれるので、強い日光に長時間さらされるマリンスポーツなどに適しています。大人っぽさや品の良さを演出する色です。
  • 【ブルー系】
    赤色の光をよく吸収するので、昼間の強い日差しや夜間の対向車のヘッドライトの光などが和らぎます。また目元の涼しさもアップします。朝夕のジョギングにおすすめ。
  • 【イエロー系】
    青色の光だけを吸収します。青色を遮断して視界のコントラストを高める効果があるので、視界が悪いときに適しています。ウィンタースポーツ、テニスなどにご推奨です。脳の働きを活性化させ、意欲や向上心を高めたい方におすすめ。
  • 【グリーン系】
    青・赤色の光を吸収してソフトな視界が得られます。そのため、目が疲れにくいと言われ、 フィッシング、ジョギングなどに最適。脳の興奮を抑えたり、疲労や目の疲れ・睡眠不足やストレス解消におすすめ。
  • 【ピンク系】
    赤色系のカラーは血色のいいハリのある肌に見せます。サイクリングやスポーツ観戦に最適。幸福感やくつろぎ感を得たい方におすすめ。
  • 【オレンジ系】
    スポーツ・アウトドア用のサングラスやスキーのゴーグルによく使われています。視界が明るく、クリアになるとされています。

PAGE TOP